FC2ブログ
テキトー・楽しく・ストレスフリーがモットーの日々を綴る日記。
野生イルカのニュース。
2013年09月04日 (水) | 編集 |
本日、ニュースを見たら、学生時代にイルカの研究で大変お世話になった先輩たちの
研究成果に関する記事が載っていました。
ブログとはあまり関係ないけど、転載します。


-----**以下、産経新聞より**-----

野生イルカの“夢精”を撮影 京大研究グループ
野生のイルカが性的な活動とは無関係に射精する様子の撮影に京大グループが世界で初めて成功。人間の「夢精」にあたるとみられる。

京都大野生動物研究センターの森阪匡通(ただみち)特定助教らのグループは3日、野生のイルカが性的な活動とは無関係に射精する様子の撮影に、世界で初めて成功したと発表した。
動物の射精の仕組みなど生殖メカニズムの解明につながる可能性がある。
米科学誌プロスワンのオンライン版に掲載された。

イルカ130904
野生のイルカが性的な活動と無関係に射精する様子(森阪特定助教提供)

この写真の映像が見られます(英語)↓
野生ミナミハンドウイルカの突発射精(PLOS ONE誌)

森阪特定助教らは、伊豆諸島周辺の海域でイルカの社会や音声などを研究。
水中ビデオカメラを使って約40頭のミナミハンドウイルカの群れを観察し、16歳の雄が性的な活動をしていないのに射精する様子の撮影に成功した。

この雄は直前まで眠っており、人間の「夢精」にあたるとみられるという。
周囲のイルカも性的な活動はしていなかった。

こうした突発的な射精はチンパンジーやウマ、ネコなどで確認されているが、イルカやクジラ、アシカなどの水生哺乳類で観察したのは初めてという。

森阪特定助教は「突発的な射精は観察が難しいが、多くの動物で起こっている可能性があり、人間の夢精の仕組みにも関係すると考えられる」と指摘。
水族館などと協力し、イルカの夢精について詳しく明らかにしたいという。

------------------------------------------------


動物行動学というのはとても難しい分野だと思います。
動物園や水族館にいる動物を観察して分かることもたくさんあるけど、それはあくまで「飼育下」という条件つき。
野生動物の行動はまだまだ分からないことか多く、解明するのもとてむ難しいことです。

だからこそ、新しいことが何か分かるととても嬉しいしワクワクするんですよね!

私はもう研究の道から離れてしまっていますが、
「なぜ?」という疑問や「何か新しいことを発見したワクワク感」とかは、
普段の生活でも大切にしていきたいと思います。

もちろん今後出会えるであろう自分の子どもにも
そーゆう気持ちを持って大切にしてもらいたい!

今後もいろいろな発見、期待しております☆


最後まで読んでくれて、ありがとうございます^^
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダメ主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト