FC2ブログ
テキトー・楽しく・ストレスフリーがモットーの日々を綴る日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理嫌いによるアイランドキッチンの使い心地。
2014年03月12日 (水) | 編集 |
食器棚1-130827
(2013年8月の画像)

我が家はアイランドキッチンです。

料理が嫌いで掃除・片づけが苦手な私にとって
アイランドキッチンなんてハードル高すぎやしないか?
と入居前はすごく心配でした。

10ヶ月ほど暮らしてみて、
意外とアイランドキッチン良いかも♪と思っているので、
ちょっとその話をしてみたいと思います★



前の家のキッチンは壁付、オープン型で家族に背を向ける形だったのですが
壁に向かって料理だけに集中して黙々と…なんて料理嫌いの私にとっては
苦痛でしかありませんでした!><
(しかも後ろのリビングで旦那がTV見てたりすると何で自分だけって余計イライラ…)

料理中、背を向けているので会話もしづらいし…

だから新居はとにかく対面キッチン希望でした。

部屋へのニオイも気になるところだったので
完全なオープンではなくセミオープンあたりがいいな~と思っていましたが
最終的に決めたのが超フルオープンのアイランドキッチン!(汗)
(建売でキッチンだけで決めたわけではないので^^;)

2階1-130905
(2013年9月の画像)

最初は階段の真ん前の配置だし、カウンターはフルフラットで立ち上がりもないし、
後ろは洗面・トイレだし…つまりはどこにいてもキッチン丸見え!!大丈夫か!?(汗)
と思っていたのですが、意外と今のところ大丈夫。

むしろそれどころか片づけや掃除がしやすくなりました!

…というもの空間が区切られていないので、
旦那とおしゃべりしながら、TVを見ながら、
手を止めることなく作業を進めることが出来ているので
肝心な第一段階である「キッチンに立つこと」が苦痛ではなくなったのです。

これは私にとって1番の大きなメリットでした!

カウンターがフルフラットで立ち上がりがないのも
むしろ布巾かけしやすかったし配膳や片づけのときに
持ち上げることなく食器を滑らせるだけでいいので(←危ない)
便利に使っています☆

レタートレイ2-130728
(2013年7月の画像。まだ食器棚の扉がないですが…)
★現在の食器棚の様子⇒「食器棚の収納。」

我が家は食器棚にリビング・ダイニングで使う日用品も入れているので
壁側からも食器棚にアクセスできる動線はとても快適☆
こちら側にはPCもあるのでクックパッドを見ながら料理も簡単です。

キッチンカウンターのダイニング側の引き出しには文房具や薬を入れているので
ハサミをキッチンで使いたい時や薬を飲む時も最短距離で取りに行くことができます。


水切りかご1-130809
(2013年8月の画像)

キッチン裏に洗面・トイレ・バスルームがあるのも
水まわりがまとまっていることで家事をするには
とても便利な動線でした。
(キッチンに立っているときでも洗濯が終わったらすぐ干せる^^)



…という感じで、デメリットになるかな~と感じていたことも
暮らしてみるとメリットのほうが大きかったという感じです。


子どもが生まれても部屋中に目が行き届くので
過ごしやすいかな~と思っています。^^

最初から分かっていたけど
唯一、デメリットに感じている点はやはりニオイですかね。。。
特にうちは2階で室内干ししたりするので…
しかも大好物がニンニク料理だったりします^^;

(過去の室内干し画像↓)
kakal1-140129

暖かい季節は部屋の窓全開で対応、
今の時期は換気扇でなんとか…って感じですが
空気清浄器あると少しは違うのかな?
またボチボチ検討したいと思います。


以上。
料理好きさんだけでなく、私みたいな料理嫌いさんにも
案外使い心地良いかもしれないですよ☆アイランドキッチン!
のお話でした。^^


--------

料理をすると大暴れするたわしちゃん。

たわし140312
「なんかおいしそうなニオイがするでしゅ!★」

食い意地も飼い主に似てきました。


過去画像ばかりの手抜き記事ですみません^^;
いつもありがとうございます^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。